光回線卸売り解禁になってからの各プロバイダの動向は?

NTTがなんと光回線卸売りを解禁して少しの時間が経ちましたが、卸売り解禁によって大手プロバイダの多くに変化が現れています。
まず、殆どの大手プロバイダが独自の光回線をサービス提供し始めました。
売りは今までのフレッツ光と速度は変わらず、NTTと別途契約することはなくなったという点です。
その分料金も安めで、更にフレッツ光からの乗り換えに違約金が一切かからないということを明記しているプロバイダが殆どです。
中にはフレッツ光の新規契約受付を終了し、自社の光回線のみに絞っているプロバイダもあります。
NTTはもしかしたら今後、光回線卸売りを中心にしていくのでしょうか。
今回の解禁はそういった意味があることのように思えます。