親にお金を借りる場合に注意することは?

おそらく、人生において親からお金を借りることがない人間はいないのではないでしょうか。
小さな額から大きな額まで、親に用立ててもらうということは必ず出てくるでしょう。
それが成年する前までであれば仕方ありませんが、独立した経済基盤を持っている状態で、親からお金を借りるときには注意しなければならない点がいくつかあります。
それは親からお金を借りる場合、それが贈与にならないように気をつけなればならないということです。
贈与とみなされてしまうと、贈与税を支払わなければならなくなります。
例えば贈与額が1500万円の場合、一般的な贈与税はなんと、500万円近くにもなります。
金持ちの子どもがいつまでも金持ちだというのでは、あまりにも世の中不公平なので、贈与を受けるときには、それなりのハンデを付けるという考え方です。
ですから、親からの借金には必ず借用書を作成し、金利などを設定し、返済の記録をつけ、返済期間を設定し、それらを全て明文化する必要があります。
借用書は、日付、借入金額、金利、返済方法、返済期限をしっかり設定し、それらを明記し、双方が署名、捺印をします。
その上で、収入印紙を貼らなくてはなりません。
あまりにも低い金利では贈与とみなされてしまうので、注意しましょう。
今日お金を借りる